世界中で横行するフィッシング詐欺

ここ数年、世界中で被害が急増しているのが「フィッシング詐欺」です。
PCやモバイル端末等、使用するデバイスに関係なく、いつ、誰が被害に遭ってもおかしくありません。
このページでは、フィッシング詐欺について解説していきます。

 

フィッシング詐欺とは?

フィッシング詐欺は、PCやモバイル端末を使ってインターネットに接続している人から「クレジットカード情報」や「銀行口座情報」等を騙し取る犯罪の事を指します。
フィッシング詐欺の手口で最も多いのが「有名企業」の名前を騙るという方法です。
Eメール・SMS・SNSといった様々な方法で個人情報を抜き取るための偽サイトへと誘導しようとしてきます。
偽サイトのほとんどは、ひと目見ただけでは偽サイトだと見抜く事が不可能なほど精巧に作られています。
偽サイトだと気付かずに個人情報を入力してしまうと、入力した情報が全て筒抜けになってしまいます。

 

携帯会社等の身近で有名な企業を名乗るフィッシング詐欺が急増

フィッシング詐欺はPCで被害に遭うといったイメージを持ってる人が多いと思います。
しかし、ここ数年でスマホやタブレットを使ってインターネットで買い物をするユーザーが増えました。その結果、モバイル向けのフィッシング詐欺も増えてきました。
特に増えたのが「携帯会社」を名乗るEメール・SMSです。
スマホやタブレットに「携帯会社」を装ったSMSが届きます。
SMSには、

・個人情報が漏洩した等の理由でパスワードの変更を促す
・インターネットショッピングの支払い方法の確認
・キャリア決済に必要な情報が変更された
・乗っ取り被害や不正アクセスの形跡があった

等、偽サイトへ誘導するために不安を煽る内容が記載されています。

こんな簡単な方法に騙される人がいるのか?という疑問の声もありますが、実際にここ数年で4万件を超えるフィッシング詐欺被害が確認されています。
多くの人に身に覚えがある内容のメッセージが届く、本物の携帯会社から送られてくるSMSの文面を踏襲している等、フィッシング詐欺だと気付きにくい加工が散りばめられているからです。
フィッシング詐欺による被害者の多くは高齢者だというイメージを持っている人が多い傾向がありますが、20代や30代の被害者の数もここ数年で急増しています。

 

フィッシング詐欺に遭わないためのコツ

フィッシング詐欺に遭わないようにするためには、以下のコツを覚えておく事が大切です。

  1. リンクを開かない
    基本的に個人情報を抜き取るためには、偽サイトに誘導する必要があります。
    携帯会社や通販サイト等、普段から利用しているサイトから届いたEメール・SMSでも記載されているリンク(URL)にアクセスする事はやめましょう。
    予め、自身で公式サイトをブックマークしておくと良いでしょう。
  2. 2段階認証やワンタイムパスワードを活用する
    フィッシング詐欺防止やセキュリティ強化のための「2段階認証」や「ワンタイムパスワード」を導入する企業も増えました。
    どちらも、フィッシング詐欺やアカウントの乗っ取り被害を防ぐのに高い効果があります。
    フィッシング詐欺の被害に遭う前に、自身でセキュリティを強化する事を検討してみてください。

MicrosoftとRiskIQを統合した2つのセキュリティサービスを発表

Microsoft社は、

  • Defender Threat Intelligence
  • Defender External Attack Surface Management(Defender EASM)

という2つのセキュリティサービスの新製品を発表しました。

この2つのセキュリティサービスは、2021年7月に当時のレートで約550億円(5億ドル)でMicrosoftが買収したセキュリティ企業「RiskIQ」のテクノロジーが統合・活用されています。
一見すると、Microsoftが提供するクラウドサービス「Microsoft Azure」に含まれるサービスと被る部分があるように感じます。
しかし、Microsoftによると、今回の2つのセキュリティサービスは、RiskIQのテクノロジーをベースとした事で従来にない驚きのインテリジェンスサービスの提供を実現する事に成功し、ユーザーはMicrosoftのセキュリティシグナルから「リアルタイムデータに直接アクセス」する事が可能となりました。

Microsoftが受信している43兆件のセキュリティシグナルの受信だけではなく、

RiskIQ
国家支援型サイバー攻撃を追跡するMicrosoftのチーム
Microsoft Threat Intelligence Center(MSTIC「ミスティック」)
Microsoft 365 Defender

といった複数のセキュリティリサーチチーム間で統合されたインテリジェンスを利用することも同時に発表されました。

MicrosoftのモダンプロテクションやSOC部門コーポレートバイスプレジデントを務めるRob Lefferts氏は、
「SOCをMicrosoftのMSTICの研究者たちとつなげる」
というのが今回のインテリジェンスサービスの目的だと米ZDNetに語ったようです。

また、Defender EASMは、
「ユーザーが攻撃者と同じように世界全体を見られるようにすること」
が目的だと明言し、ユーザーがパブリックインターネットで「何を公開しているのか」「それがどのような影響を与えるのか」といった点を理解出来るように支援するとも語っています。

一般的に攻撃者は、脆弱性が一般公開されてから「15分以内」にインターネットをスキャンして公開されている脆弱なデバイスの割り出しを行います。
その作業と同時に「ProxyLogon」と「ProxyShell」を始めとした古い脆弱性を探すためのインターネットスキャンも行っていると言われています。
上記の攻撃からユーザーを守るといった点では、Defender EASMはかなり有益な製品だと考えられます。

今話題の5Gでできることは何?高速ネットを利用して便利にネットカジノも?

世界で話題の5Gでできることとは?

現代インターネット業界やIT・AI業界では5Gが当たり前の世界になっています。

今までの4Gから5Gになりどんな事ができるようになったのでしょうか?

スマホでも一定の機種以上のモデルになると5Gのシステムを利用することができるようになり、多くの方が最新システムを実感することが可能になったのではないでしょうか?

ここでは、そんな時代を走り抜ける皆さまに5Gでできることや、新しく5Gでできることを発見していただくために、どんなシステムや実用的に利用することができるのかをご紹介していきたいと思います!

また、後半では5Gの次に来る6Gについても紹介していきますので、時代の先駆けを目指して今後の生活やテクノロジーを駆使して今よりももっと便利に効率よく生活を送っていきましょう!

5Gとは?何ができるのか?

世間でも一般的にシステムとして定着してきた5Gという概念や機能性ですが、まだまだネット関係に詳しくない方や興味がない方にとっては、疑問が残る5Gという用語ではないでしょうか?

まず、5Gには3つの特徴があり、日本では2020年から本格的に一般生活の中でも実用化してきている「高速大容量」「多数同時接続」「高い信頼性と低遅延通信」があります。

ここからは、5Gで皆さまができることについてご紹介していきたいと思います!

1.自動運転の技術

autonomous-car

5Gで既に世界でも実験と実用化が一気に進められているのが、この車の自動運転技術です。

特にアメリカやヨーロッパを中心に、運転者が存在せず、自動で車を運転してくれ、目的地まで事故なく安全にたどり着くことができる機能が車に備え付けられているのです。

この自動運転が日本でも本格的に取り入れられるようになった場合には、タクシー運転手無しで車一つに乗客として乗り込むだけで目的地まで行くことができたり、宅配サービスもロボットとして働いてくれるようになりますので、特に人手不足が深刻な宅配業界では役に立つでしょう。

また、車の運転だけを任せることができるようになるのでなく、時間帯によっての道路の混雑を予測し、避けて運転をしたり、もちろんどんな歩行者も避けて自動的にストップしたりなども機能面ではあります。

しかしながら、車の運転は安全性が第一ですので、まだまだ日本で実用化を図るのには時間がかかりそうです。

2.8K映像でライブ配信

次に5Gで可能になることは、今まで4Kだった映像が倍の8Kにまでなってライブ映像を視聴できるようになります。

8Kは何が上がったのかといいますと、画質が良くなるということです。

4Kよりも画質の精密さが上がりつつ、その映像をライブ中継というデータを非常に多く消費するものにまで適用しながら、もちろん途中で映像が止まったり、切れてしまうようなことも防ぎながら視聴することができるまでになったのです。

特にライブゲームの途中でデータが遅くなったり、画質が悪くなってしまいイライラした経験がある方も多いかと思いますが、5Gで可能になった8Kでは、これらの問題を解決させることができるようになったのですね。

live-dealer-casino

近年日本国内でも人気を上げてきているネットカジノでもライブ中継でプレイすることが可能です。

ライブカジノも楽しめるネットカジノの中では、鉄板のカジノのテーブルゲームであるルーレットやブラックジャック、ポーカーなどのゲームがスマホやパソコンからいつでも参加してプレイすることができるのです。

もちろん、ネットカジノはオンラインギャンブルの一つですので、手元の資金から賭けを行い、ゲームに勝った際には、賞金を獲得して銀行口座から現金を引き出すことが可能なのです。

海外で展開されているネットカジノサイト内では、ライブカジノに登場するディーラーが綺麗な外国人の女性であったり、かっこいい男性も登場するので、リアルなカジノクラブで遊ぶようなカジノゲームが楽しめること間違いないでしょう!

綺麗で繊細な画質と高速のデータでストレスなく快適に5Gではライブカジノを楽しむことができます。

3.IoTの実用性が上がる

IoTとは、「Internet of Things」という英語の頭文字のことで、日本語にすると「モノとインターネット」という意味になります。

これはそのままの意味で、身の回りにあるモノがインターネットと接続することになります。

既に皆様が身に着けているものや家具で、インターネットと繋がっているものは多いのではないでしょうか?

例えば、時計とスマホが繋がっていたり、冷蔵庫がネットに繋がっていたり、他にも車や炊飯器、テレビ、メガネなども既にスマホやインターネットと繋がっているものも多いはずです。

5Gを利用することによって、身の回りのありとあらゆるものがネットと繋がっていきますので、スマホ一つで電気を付けたり消したりできたり、ドアのカギを開けてくれたり、冷蔵庫のスクリーンで料理レシピの動画を見ながら料理することができたり、車の充電をリアルタイムでスマホからチェックすることが可能です。