Exhibition

展示情報

  • A-1
    AI

    大好きなキャラクタと雑談 アマデウス紅莉栖AI

    全国のラボメン(「STEINS;GATE 0」シリーズのファンのこと)が作成したデータをもとに作られた「アマデウス紅莉栖」AIがあなたと会話します!

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-2
    AI

    VR握手会「セバスちゃん」

    VR空間でセバスちゃんとの握手会に参加!たくさん話してセバスちゃんと仲良くなろう!本展示ではドコモAIエージェントAPIを活用したVR握手会を体験頂けます。ツンデレ音声合成を用いた個性豊かなAIキャラと触れ合う新しい体験をお楽しみください。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-3
    AI

    MRを使った未来のバーチャルアシスタント

    「未来のパーソナル化されたバーチャルアシスタント像」を「MRデバイス」と対話エンジン「ドコモAIエージェントAPI」を使って提示します。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-4
    AI

    “絶妙な”タイミングで応答する言葉遊びボット

    ドコモAIエージェントAPIの高い応答性を生かして、「間」や「リズム」を導入した音声対話を実現しました。
    「クイズ」「なぞかけ」「山手線ゲーム」などのゲームを体験していただけます。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-5
    AI

    ディープラーニング×発話によるエージェント育成

    ユーザの発話内容をディープラーニングで解析し、エージェントを利用者の趣味嗜好に応じた姿へと進化させます。
    よりパーソナライズされた、新しいエージェントのユースケースを提案します。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-6
    AI

    NTTドコモ R&D社員の日常

    ドコモでは通信分野のみならず、AI/ビッグデータ領域でも積極的に技術開発に取り組んでいます。本展示では、Qiita アドベントカレンダーにて掲載した内容を中心に、R&D社員の日々のアクティビティを紹介します。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-7
    AI

    KDD CUP 2019世界1位 ドコモのデータサイエンス

    世界最高峰のデータ分析競技会である KDD CUP 2019 で世界1位を獲得。
    世界1位を生み出したドコモのAI・データサイエンスの取り組みをご紹介いたします。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-8
    AI

    スマートフォンログからのストレス・集中力推定

    スマートフォンの使い方からユーザのストレスと集中力を推定する技術のデモ展示をしています。ストレスと集中力のバランスから、ユーザにとってストレスが適切なのか否かを判断することができ、働き方の改善や効果的なメンタルヘルスケアにつなげます。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-9
    AI

    教育の質を向上する感情活用EdTech

    音声から発話者の感情を認識する音声感情認識技術を用いて生徒の感情を把握するソリューション。把握した感情に基づいて学習教材の難易度を変えるといった、テクノロジーと感情で教育の質を向上する「感情活用EdTech」のコンセプトデモをご覧いただけます。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-10
    AI

    英語ライティング・スピーキング採点AI

    英語検定のライティングおよびスピーキングテストを自動で採点するAIです。実際のテスト形式に即したライティング/スピーキングテストのデモを通して、自動採点技術をご体感いただけます。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-11
    AI

    リアルタイム翻訳

    自然な発話をリアルタイムに音声認識し逐次多言語に機械翻訳するシステムです。
    外国語のプレゼンテーションをリアルタイムに日本語字幕化したり、複数言語圏の方が一同に会する会議の場で通訳にとって代わり活躍する事などが期待されます。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-12
    AI

    Mirai Translator™

    高精度かつ高セキュリティなAI翻訳サービスで、Office系などのファイルもレイアウトそのままに翻訳できます。法務分野をファーストターゲットとした業界に最適な翻訳モデルや多言語機能等を新たに提供することでお客様の更なる働き方改革を推進します。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-13
    AI

    深層学習を用いたニュース記事の要約

    情報が溢れる時代に、ほしい情報の「瞬速キャッチ」の実現に向けて、正確で読みやすいニュース記事の要約を生成するシステムを開発しました。パートナーのデータやノウハウも活用し、精度が高い要約を実現しています。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-14
    AI

    IoTデバイスを使ったAI会議室管理

    IoTデバイスと連携したAI会議室管理システムです。IoTデバイスで会議室の利用状況をリアルタイムで把握し利用可能な会議室を可視化すると同時に、利用履歴からキャンセルされそうな会議をAIで事前予測し、自動的にユーザに確認メールを送信します。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-15
    AI

    音声言語処理技術による議事録作成

    難しい専門用語も正しく認識する音声認識技術と、会議中のシーンを推定する言語処理技術により、内容を理解しやすく、編集しやすいテキストを提供し、議事録作成の負荷を大幅に削減します。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-16
    AI

    カラオケにおける楽曲・歌手リアルタイムレコメンド

    カラオケの膨大な歌唱履歴や楽曲情報から、多種多様なグループ客の歌唱パターンを学習する事により、歌唱順や周期性からそのグループ客の特徴をリアルタイムに推察し、歌い手が一人であっても、複数人のグループであっても適切なレコメンドを行う技術です。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-17
    AI

    動画像解析によるインフラ劣化推定

    橋梁と橋梁上を走行する車両を動画撮影し、車両の重量を推定したうえで、橋梁の複数点のたわみ(変位)から橋梁の劣化を推定する技術です。実証実験を通じ本技術の有効性検証を進め、点検時間の大幅低減や劣化診断作業への適用性向上をめざします。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-18
    AI

    テキスト解析技術による定型業務効率化・自動化

    自然言語処理技術を活用し、FAQ検索のリアルタイムログ分析やアンケートの自動分類、チャットボットによる日報の作成等が可能となり、人手作業の業務効率化を実現することができる。本展示ではアプリケーションのデモをご覧いただけます。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-19
    AI

    複数カメラによる同一人物トラッキング

    カメラ映像から人物特徴抽出を行い、複数カメラで同一人物をトラッキングし続けることができるソリューションです。人物を事前登録する必要がないため、匿名で滞留時間等の計測が出来るのが特徴で、防犯やマーケティング等での活用が期待されます。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-20
    AI

    農業用栽培管理ロボット

    畑作/稲作の有機栽培において、除草作業の自動化/圃場状態の可視化を実現します。AIがカメラ映像から作物の列をリアルタイム認識し、作物を踏まないよう自律走行しながら除草機構により作物列間の雑草生育を抑制し、圃場状態の解析を実現します。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-21
    AI

    カメラで人の動きを三次元デジタル化 ~VMocap~

    VMocapは東京大学 中村・山本研究室と共同開発を行っている、複数台のビデオカメラを用いて、センサーを何もつけずに、多人数のモーションキャプチャを行うシステムです。本展示では、ボクシングの試合での実演デモを行う予定です。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-22
    AI

    8Kスポーツセンシング

    画像認識技術により、8K動画から必要な箇所・シーンの切り出しを可能とします。本展示では、サーフィン大会の映像から選手のライディング映像の切り出しや、選手の位置の認識を行います。大会のハイライト映像の自動作成や大会運営の効率化等を目指します。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-23
    AI

    ドコモAIエージェントAPI®

    家電・車・ロボット・アプリなど、私たちの身の回りにあるさまざまなモノとの対話を実現するためのサービス。ドコモのAI(自然言語処理技術)で自然な対話を実現できます。音声認識・音声合成の機能を内包し、外部のコンテンツとの連携も可能。

    >>パネルデータPDFはこちら
  • A-24
    AI

    ドコモAIエージェントAPI® FAQチャットボット

    Q(質問)とA(回答)の一覧表をもとに、簡単にチャットボットの作成・運用ができるサービスです。社内外の問い合わせ業務を効率化することで、働き方改革の推進にもつながります。

    >>パネルデータPDFはこちら